市民国際プラザ

ホーム  >  『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー  >  千代田区 政策経営部 国際平和・男女平等人権課

『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー

千代田区 政策経営部 国際平和・男女平等人権課

第4回目のインタビューは、千代田区 政策経営部 国際平和・男女平等人権課です。

千代田区では、平成7年3月15日に「国際平和都市千代田区宣言」を発表しました。 この宣言に基づき、千代田区では国際協力体験事業(ちよだ地球市民ツアー)、地球市民講座、平和使節団の派遣など様々な国際平和事業を行っています。

<お話をうかがった方>

千代田区 政策経営部 国際平和・男女平等人権課

土橋 和也さん(写真右)、永田 政子さん(写真左)

千代田区

国際協力の現場を体験する機会を区民の方へ

千代田区では区内にお住まいの若年層の方(高校生以上30歳未満)、区内の高校に在学する生徒の方を対象に「国際協力体験ツアー」を行っています。この事業は、区内の青少年を海外の国際協力活動の現場に派遣し、現地での体験を通じて貧困や国際平和など、世界の問題を主体的に考え、行動できる人材を育成し、地域社会における国際交流・協力の推進を図ることを目的としています。

2010年度は12名の参加者がベトナムへ行き、現地のNGOスタッフや子どもたちとの交流等を行ってきました。参加者達は、現地の人々との出会いなどを通じて、今世界ではどのような事が起こっているのか、国際協力とは何か、自分たちには何ができるのか等を学びます。

千代田区

バンメトート郊外 エデ族の訪問(2010年度国際協力体験ツアー)

千代田区

バンメトート郊外の農家でのからし菜収穫体験(2010年度国際協力体験ツアー)

実際にこのツアーの参加者からは「将来の道が明確になった」「出発する前は英語もベトナム語も話せなくて不安だったけど、言葉が話せなくてもスポーツ等を通して交流することができてよかった」「支援とは何か、について深く考えさせられた。」等感想があがってきました。このようなツアーが、世界を知り、考えるきっかけになったという感想を聞いた時は、私たちもとてもうれしく思います。

地球市民講座〜世界を考えよう!アジアのこと、国際協力のこと、NGOのこと〜

また、この国際協力体験ツアーの事前学習の一環として、ツアー訪問先の国の現状や人々の生活、私たちの生活との結びつき等を学ぶ「地球市民講座」も開催しています。これは、国際協力体験ツアーの参加者だけでなく興味のある一般の方も参加できるものです。

2010年度は(特活)ベトナム子ども基金や(特活)開発教育協会などのNGOの方にも講師としてご協力いただきました。参加型のワークショップを行ったとき、初めは少し遠慮がちだった参加者もワークショップのプロによって、どんどん前のめりになっていく姿はとても印象的でした。

平和の尊さを多くの区民の方へ

その他千代田区では広島・長崎・沖縄へ使節団を派遣し、その体験を通じて戦争の悲惨さ、平和の尊さを多くの区民の方に伝えていただく事を目的とする「平和使節団の派遣」も行っています。実際に平和使節団に参加された方が、区の報告会だけでなく、それぞれの学校で報告会を行う機会などもあり、どんどんと平和の輪が広がっています。

千代田区

原爆ドーム前にて(2010年度平和使節団)

千代田区

区民の方々によって折られた千羽鶴。

<平和使節団の参加者の声(一部を抜粋)>

「私の沖縄への訪問から1年が経とうとしています。しかし、私の頭から語り部さんの声が消えることはありません。(〜中略〜)現代の日本に生きる若者が今の暮らしの中で平和のために積極的に行動するというのは少し難しい話だと思います。でも意思を持つことはできます。感情を表現するだけで終わらせない、人間同士が争うというその行為に疑問を持って毎日を過ごす人が増えていってほしいと思います。」

NGOとの関わりについて

NGOの中には、財政的に非常に苦労されている団体がある一方で、企業の支援などを受け多少財政的に余裕がある団体もある等、非常に温度差があります。平等という観点で考えると、行政が特定の団体に何かをするという場合はそれなりの理由が必要となってきますので、温度差のある数多くの団体の中からどのNGOと繋がっていくのかという判断が難しい場合もあります。

今後、NGOとの関わりを深めるという事があれば「様々な場の提供」でしょうか。それぞれのNGOの活動について区民の方へ訴える場が必要な場合等は、要請があれば可能な限り真摯に対応していきたいと思います。

今後は、国際協力等に関心のない方にも関心をもってもらえるような事業を行っていきたいと考えています。区民の方にも若い時から国際交流やNGO等について知っていただき、自分の将来などに活かしていただきたいです。

<インタビューを終えて>

千代田区で行っている国際協力体験事業に参加している区民の方は学生など若い方が多いそうですが、職員の土橋さん、永田さんも驚くほど“目覚めて”帰ってくるそうです。私もいただいた参加者の報告書を読み、その変化を感じました。実際にツアー等に参加できる人数は少ないですが、参加者がその体験を様々な場所で伝え、広めています。「世界について知り、広める」という大切さを改めて感じました。

千代田区

インタビュー時の様子。(千代田区役所内)

<インタビュアー>

市民国際プラザ(JANICより派遣)
田月 千尋

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.