市民国際プラザ

ホーム  >  『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー  > さがみはら国際交流ラウンジ インタビュー

市が活動の場を提供し、ボランティアが中心となって運営を行う

『さがみはら国際交流ラウンジ』のご紹介

さがみはら国際交流ラウンジ インタビュー

 

今回は、相模原市 総務局渉外部シティセールス・親善交流課総括副主幹郷司さん、主任
岡本さん、相模原国際交流ラウンジ運営機構チーフスタッフ竹内さんに、さがみはら国際
交流ラウンジの活動の一部についてお話を伺いました。さがみはら国際交流ラウンジは、
「外国人支援」「多言語での情報提供」「国際交流」を活動の柱として、市が設置しボラン
ティアと協働で運営しており、ボランティアが主体となり、地域の国際化へ対応しています。
(約
300名のボランティアが登録)


 ○さがみはら国際交流ラウンジ


      

さがみはら国際交流ラウンジの入り口      9言語での掲示板

         

ラウンジで活動しているグループのスケジュール表

 

平成26年度の利用者数は、年間延べ19,261人(うち外国人6,617人)
※1日あたりの利用者は年間延べ63人(うち外国人22人)です。外国人利用者の主な来所
目的は、日本語教室への参加とのことです。

 

○平成26年度 おもな実施事業

イベント

人数

さがみはら国際交流フェスティバル

約4,100人

世界の料理教室(中国、フィリピン、ペルー、ブラジル、マレーシア)

64人(内8人外国人参加者)

日本の料理教室

21人(内16人外国人参加者)

外国語講座(ポルトガル語、フィリピン語)

各4回 ポルトガル語42人、フィリピン語延べ30人(外国人参加者0人)

新ボランティア交流会/登録団体交流会

ボランティア同士の交流の場、ラウンジ活動の説明会

延べ45人(内7人外国人参加者)

お茶会 

延べ485人(内71人外国人)

防災バスツアー

24人(内10人外国人)

市総合防災訓練参加

27人(内5人外国人)

さがみはら国際交流フェスティバル2014での啓発活動

8人(内1人)

防災研修会

22人(内0人)

 

□「ラウンジのひろば(ボラチッタ)」(多言語広報紙) 

4回、9言語(英語、韓国・朝鮮語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、カンボジア語、
フィリピン語、タイ語、ベトナム語)で発行されています。イベントや日本語教室の紹介などが
掲載されています。

        

多言語広報紙

『ラウンジのひろば(ボラチッタ)』 9言語で配架している。

 

□ホームページでの情報提供(URLhttp://www1.odn.ne.jp/sil

ラウンジ内のニュースを9言語(英語、韓国・朝鮮語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、
カンボジア語、フィリピン語、タイ語、ベトナム語)で掲載し、情報発信に努めています。



□エフエムさがみでの多言語放送(
FM83.9MHz

 多言語番組「TAG TIME」を制作し、外国人市民のために、市の施設情報やラウンジでの
催しなどを年間を通して放送しており、平成
164月より10言語(日本語および英語、
韓国・朝鮮語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、カンボジア語、フィリピン語、タイ語、
ベトナム語)で放送しています。毎週土曜日
105分頃の放送。

 

□「お茶会」の開催

外国の文化や外国人の支援活動について理解を深めるために、お茶菓子を囲みながら、地域
に住む外国人が母国についてスピーチを行う「お茶会」が実施されています。大変人気

イベントだそうです。


  

 

さがみはら交流ラウンジではボランティアを中心に様々な取組みをされています。外国人
住民をいかに巻き込むか、どのように広報をしていくか等、課題はまだあるとのことでしたが、
市が活動の場を提供し、ボランティアが中心となって運営を行うという先進的な取組みをされ
ていると共に、行政とボランティアが上手く協働して活発な活動をされているとの印象を受け
ました。

 

 

 

 

 

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.