市民国際プラザ

ホーム  >  『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー  >  (特活)難民支援協会<後編>

『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー

(特活)難民支援協会<後編>

<お話をうかがったスタッフの方>

難民支援協会

広報部 田中 志穂さん

日本にいる外国人と直接関わりたい

田中さんは大学を卒業し、数年間民間企業に就職した後に再び高校以来自分の中にあった「他国で暮らす外国人についての関心を深める機会を得よう」という気持ちを実現させるため、大学院入学を決めました。

「大学院では社会学の分野で国際移動をテーマに、日本にいるフィリピン女性を対象とした研究を行いました。その時は、「難民」というよりいわゆる「移民」に興味関心がありました。研究をするなかで難民支援協会との出会いがあり、そこで難民の方と深く関わりながら活発に活動しているスタッフの様子を見て心が惹かれました。」

そこで難民支援協会への再就職を決められたそうです。

難民支援協会

生活の相談を受ける難民申請者の一家

企業での経験を活かして

難民支援協会で広報として働いて一年半の田中さんですが、民間企業での経験を活かし様々なアイデアを出しているそうです。

「NGOが活動をしていくうえで、企業の存在というのは非常に重要です。企業との関係を築く際に、企業側にとって何が大切かなど、相手側の論理を理解することは、双方にとって良い関係を築く上で重要です。企業勤務経験で得たそのあたりの感覚は、予想外に役に立っているかもしれません。」

明かせないというジレンマ

そんな田中さんのお仕事で苦労されていることについて伺うと、難民問題独特の難しさについて教えて下さいました。

「難民の方は、身分を明らかにすることで自身や祖国に残した家族や親戚に危害が及ぶ可能性があるため、難民申請中は自分の名前や年齢、顔写真などのアイデンティティを公表しづらいのです。そのため、広報で使う写真も彼らの顔が映っていない、後ろ姿のものを探して使ったり、難民の方を呼んで行うワークショップでも参加して下さる日本のボランティアの方には『写真を撮らないでください』、『直接連絡先を交換しないでください』、というようにお願いしたり、気軽に交流できないのが現状です。もっともっと多くの人に知ってもらいたいと思うのですが、同時に彼らの安全を考えると今のようにせざるをえないので、これは本当に広報活動をしていく中でのジレンマです。」

難民支援協会

難民申請中の方を撮影する時は、顔が映らないよう配慮が必要

それでも身近に感じてもらうために

この難民問題独特の苦労とともに、田中さんが活動して感じているお仕事へのやりがいについて伺いました。

「日本での難民問題はまだあまり知られていないのが現状で、メジャーではないがゆえに話すと関心を持ってくださる方もいますが、実際なかなか多くの人から賛同を得るのは難しいです。そういう一般の方や企業の方に、日本にいる難民の問題や現状のことを、“遠い問題では決してなく、いかに身近な問題として感じてもらえるか”、というところは非常に難しいと同時に、チャレンジングなことだと思っていますね。」

日々できることを精一杯やる

最後に田中さんの今後の夢を聞きました。

「団体としては、日本にいる難民がより良い生活ができるようにするために、あらゆる課題にそれぞれが知恵を絞ることに尽きると思っています。そして個人としては夢というより、日々できることを精一杯取り組んでいきたいです。広報の仕事においては、多くの方に理解し、共感していただけるような活動を行うためのアイデアを考え、形にしていきたいと思っています。」

<インタビューを終えて>

田中さんも言っていたように、難民の方は自分の姿を公開することに関して非常にセンシテイブになっています。そうした背景もあってか難民の方々が直面している困難はあまりメデイアで取り上げられず、それについて実感する機会が私はありませんでした。しかしこの日も事務所に複数の難民の方が訪れていた様子を見て、この問題を非常に身近なものに感じました。

同じ日本で起きていることだからこのようにして、現状を知って貰うきっかけがあれば多くの人に難民支援協会の活動に共感をもつのではないかと思いました。田中さんの感じる『伝えたいけどなかなか全てを晒せない』というジレンマが痛いほど伝わってきました。

(JANICユース 吉野)

[インタビュアー]

国際協力NGOセンター有志グループ(JANICユース)

総務チーム 吉野 宮奈

広報チーム 権 智娜

インタビュー前編

※(特活)国際協力NGOセンター(JANIC) HPのNGOスタッフインタビューで紹介している記事を掲載しています。

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.