市民国際プラザ

ホーム  >  『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー  >  (特活)ワールド・ビジョン・ジャパン <前編>

『地域も元気!世界も元気!』 団体活動インタビュー

(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン <前編>

<お話をうかがったスタッフの方>

ワールド・ビジョン・ジャパン

野村理恵さん(マーケティング部)

スタッフからのメッセージ

「自分の全く知らない国の人たちが自分のことを想い支援してくれているということは、子どもたちにとっては、ものすごく嬉しいことなんです。」(野村さん)

日本中で5万人以上の方がチャイルド・スポンサーとして支援に参加し、貧困に苦しむ子どもたちのために活動を続けているワールド・ビジョン・ジャパン。そのマーケティング部で働く野村さんにお話を伺いました。

“何もかも”はできなくとも、“何か”はきっとできる―ボブ・ピアスの想い

第2次世界大戦後、混乱をきわめた中国の地でアメリカ人のキリスト教宣教師がある1人の少女に支援を始めたことが、ワールド・ビジョン設立のきっかけとなりました。

「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」。

設立者ボブ・ピアスのこの想いとともに、ワールド・ビジョンは徐々にその活動範囲を広げ、現在では約100カ国で活動を展開しています。

1960年代は、日本もワールド・ビジョンの支援対象国となっていました。1987年に「ワールド・ビジョン・ジャパン」が設立され、今日まで活動を展開してきました。

ワールド・ビジョン・ジャパン

ワールド・ビジョン創設者ボブ・ピアスと日本の子どもたち

スポンサーとの1対1の関係

ワールド・ビジョン・ジャパンの行っているチャイルド・スポンサーシップは、貧困に苦しむ子どもたちが住む地域の状況を改善することによって、問題解決を目指すプログラムです。支援者には地域に住む子どもが紹介され、1対1の関係を育みながら子どもの成長と支援を行う地域の発展を直接見届けることができます。

子どもとの手紙のやり取りや写真付きの成長報告書を通じて、自分の支援している子どもと触れ合えることは、支援の継続性の面でも大いに役立っています。野村さんも「自分が支援した成果を、子どもの成長を通して見ていただくことで、支援してよかったなと思っていただけるのが、私にとっても非常にうれしいですね」とおっしゃいました。

ワールド・ビジョン・ジャパン

現地訪問ツアーに参加し、子どもと対面した支援者(ラオス)

子どもたちを守るために―児童保護募金

現在でも多くの途上国の子どもたちは、人身取引やスラム街での暮らし、HIV/エイズなど様々な危険と隣り合わせで暮らしています。そのような現実を変えるために、ワールド・ビジョン・ジャパンでは児童保護募金を通して支援活動を行っています。2012年度の主な支援地域はカンボジア・ベトナム・ミャンマー・インド・マラウイです。

「日本の皆様に、困難に直面している子どもたちが世界には大勢いるという現実をお伝えしながら、日本にいながらできる支援もあるということをお伝えすることも私たちの仕事です。」と野村さん。

ワールド・ビジョン・ジャパン

HIVエイズについての研修を受けるマラウイの女性たち

教科書に載っていないアフリカ

ワールド・ビジョン・ジャパンでは、途上国の子どもたちを支援する一方で、日本の人々に「知ってもらう」活動も積極的に進めています。

例えば、2008年から日本各地で開催された「教科書にのっていないアフリカ」。このイベントでは、アフリカの現地の様子を実際に再現して来場者に体験してもらう企画を実施しました。

2009年に福岡で実施した際は、(財)福岡県国際交流センターとの共催で開催され、当初の目標であった1,500人という集客をはるかに上回る、2,221人の来客がありました。

ワールド・ビジョン・ジャパン

アフリカの子どもたちの生活を体験するために入り口で待つ方々

<インタビューを終えて>

1人のアメリカ人宣教師の小さな行動がきっかけで、このような世界中で活躍するNGOが誕生したということを聞いて、自分の毎日の行動が世界の未来に繋がっているのだということに気付かされました。

また、手紙での子どもたちとの交流のように、目に見える形で支援のできるシステムは、他の様々な支援の場面においても必要なのではと思いました。

(JANICユース代表 大沼智久)

[インタビュアー]

国際協力NGOセンター有志グループ(JANICユース)

代表 大沼智久

渉外チーム 永岡さやか

渉外チーム 千葉純也

続きは、後編をご覧ください。

※(特活)国際協力NGOセンター(JANIC) HPのNGOスタッフインタビューで紹介している記事を掲載しています。 

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル1階 市民国際プラザ TEL:03-5213-1734

Since© 2007 Citizens' International Plaza & Council of Local Authorities for International Relations All rights reserved.